遊びにきてね!

Home » ブログ » 私の田舎ツアー » 第3回私の田舎極寒ツアーの巻 後半

第3回私の田舎極寒ツアーの巻 後半

二日目のウトロの朝は雪降り。私も雪はひさしぶり(笑)

今日は羅臼に向かいます。流氷は昨日より来てます。景色は雪であいにくです。

知床半島は海別岳(うなべつだけ)を中心にその西側がオホーツク海に面するウトロ、東側が根室海峡側の羅臼。知床峠を通れば片道40分ほどで行き来できますが、冬は峠が通行止めとなりますので、斜里方向に戻る形で移動します。

標津町に入ると、晴天、夏であれば広がる牧草地帯を走る抜ける感じでしょうが、左に知床連山を眺めながらただただ右も左も真っ白な平地の間をぬけいよいよ根室海峡へ。海岸線を走り、右手に国後島が見える距離なのですが、あいにく島のまわりに厚い雲。さらに羅臼に近づくとかなりの流氷があり、まるで2月のオホーツク海のよう!!遠くに黒い煙をはく船が7、8隻が港に向かって渋滞していたので、そうとう厚い流氷でゆっくり操業してるのかしらん?と眺めつつも、上空のヘリコプターがなんとなく事故を感じさせて、ちょっと心配。

昼食の会場、羅臼知床食堂に着くと、一階のお土産やさんの舟木商店の舟木社長がいろいろおしえてくれました。オホーツク海では冬は漁はお休みですがこの根室海峡の羅臼漁港は冬もスケトウダラの漁ができる刺し網漁船というのがあるそうで、その舟が流氷で動けなくなってしまったそう。
朝はそれほどでもなかったので港から近場の漁場を持つ舟は10隻ほど出ていたそうです。ですが、戻るころになったら、一気に大量の流氷が押し寄せ戻りが最後のほうの舟は流氷に挟まれてしまい動けなくなったということでした。こんなこと20年ぶりで、以前は、氷をわる巡視船もなかったので、船員さんだけ助けて舟をそのままに。舟は一ヶ月くらいかけて、野付半島の港まで流されたそうです。

私たちは、その救助要請を請けた氷を割る巡視船「てしお」が港を出るところにちょうど居合わせたということです。
漁船にむかいゆっくりゆっくり進んで、時折、バックしたり、方向転換したりで舟の先導して帰ってくるまではそうとう時間を要しそう。
お昼をたべて外にでた頃には、たくさんの町の漁師さんたちや報道の方々が道路沿いで心配そうに見守っていました。

今回は船員さんたちも舟も無事でよかったです。

しかし、すごいタイミングで羅臼にきたものだねえ。と、地元の方。

予定していた観光クルーズは港の中ぐるぐる回るだけになりますとのことだったのでキャンセルし、クルーズのホームページに3/11のブログがアップされていました。http://e-shiretoko.sblo.jp/article/179057747.html


しばらく舟木社長の話や漁師さんの話を聞きながら巡視船の行方を見守り、予定を大幅に変更して、地球が丸くみえる展望台の開陽台、そして摩周湖まわって女満別空港に戻ることにしました。

 

標津町の牧草地帯にあったセブンイレブンのおでん専用の大根畑。

冬の開陽台

霧でなくて冬の摩周湖

夕方、女満別空港で飯田夫妻とはお別れ。

私たちは北見市留辺蘂のつるつる温泉へ

最終日も天気は最高

まずは、山の水族館へいとうさんに会いに

続いて、ハッカ記念博物館

そして、北海道といえばスープカレー!
メニュー決めるだけでテンション上がる。

今回の旅では、移動の車内でそれぞれのカメラで撮影した写真をAirDropで共有していたのですが・。車内は我々ツアー参加者のみしかいませんので、AirDrop:「すべての人」でなーんの問題もないんですけど・・。
髙橋真理さん、あろうことかこの人気の店内でまさかの「すべての人」と写真を共有するを選んでしまい。
どなたかわかりませんがまちがいなくこの店内にいらっしゃるどなたかに、丁重に共有をご辞退され(笑)
やってしまったことに気づくという(大笑)
もう、、思い出しても涙が。。よほど動揺されていたらしく、このあと猪野間が連絡先を交換しようと真理さんのスマホにかけますねっと声をかけたのにもかかわらず、知らない人から電話が鳴ってる〜〜とびびりまくってました(笑)

その後、店を出るとき、紙エプロンの結び目だけが汗で残った髙橋祐一さん。。愉快すぎるご夫婦に笑いの止まらない我々でした。

北見市内から常呂方面へ移動中。
たくさんのエゾシカに会う。

 

もうすぐ操業の常呂漁港の船たち

能取岬近くのトンネルの山肌に死んだキツネか鹿に集まるオジロワシとカラス

 

ちゃーちゃーちゃーーー 火曜サスペンスを口ずさむ高橋夫妻。

最後は網走駅で撮影して、女満別空港へ。

今回、初めて冬のツアーを企画しましたが、奇跡的にお天気に恵まれハプニングにも恵まれ、短くも濃い体験ができました。参加の皆様ありがとうございました!また次回をお楽しみに!

羅臼の舟木商店さんhttp://shiretoko-funaki.jp/が4/6、7、8、9と日比谷公園のイベントに出店し、イバラガニを焼いてるそうです。ご都合つく方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?!
http://events-news999.com/event/kuohzei

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

One Response so far.

  1. 飯田 S より:

    念願の冬の知床に行きましたが、期待以上に素晴らしかったです!
    いつもながらの猪野間・中根ご夫婦のホスピタリティーに感謝!!!
    夏の道東も良いですが、冬は本州では見られない広い雪原とたくましい野生動物と厳しい自然が体感出来て最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントに画像を追加する(JPEGのみ対応)