遊びにきてね!

Home » ブログ » オホーツク » 第2回私の田舎ツアーレポ

第2回私の田舎ツアーレポ

毎年この時期に企画される東京北見会主催の平成屯田兵ツアー
今年、私の田舎でのツアーは2016年平成屯田兵ツアーの一日目に参加、
翌日は皆さんとは別れて、常呂町でカーリングをし、知床まで
足をのばしてきました。

弟子屈の渡辺牧場 で 乳搾り体験、バター作り、アイス作り、えさやり、
牛の気持ちになっての放牧体験などをしてきました。

当たり前に頂いてるいのちにあらためて感謝する日となりました。

IMG_4817s

IMG_4859s

IMG_4825s

IMG_4826s

IMG_4827s

IMG_4843s

IMG_4855s

帰りに川湯温泉の足湯に立ち寄り、

 

 

IMG_0563

IMG_4871

そのまま懇親会場の
端野ノーザンアークへ。
涼しく爽やかなはずの北海道を期待されていたことと思いますが
初日の北見は、なんと全国一の暑さをマーク。
寒さには強い会場設備も、暑さには対応しきれないのが北海道。
会場もちょっと暑かったですね。

懇親会今年もたくさんの地元の方々と交流していただく場となりました。

JAきたみらいさんからは加工商品の「芳醇 玉葱醤油」と
新発売の「麦香旨 麦まるごとうどん 平打ち」、
そしてまさに旬だった「グリーンアスパラガス」を提供いただくといううれしい心遣い、

平打ちうどんはカルボナーラでだされました。とても美味しかったです。
新発売のうどんだったとはびっくりです。

翌日、屯田兵のみなさんはパークゴルフへ

われわれは朝いちばんで常呂遺跡の森へ
ちょうど、学芸員の山田先生がいらっしゃったので、ご説明をお願いしました。

IMG_4877s

IMG_4881s

興味深いオホーツク人の住宅

 

今回の旅で出会った野生動物第一号

IMG_4884

 

そして、カーリング!午前中はカーリング日本代表選手として
長野オリンピックに出場された経験をもつ白畑容子指導員に
指導していただき、午後からいよいよ地元女子高生チーム
「リーフ」さんと2エンドだけ試合。

なんとなく作戦たててみたりして、雰囲気でてます?
一瞬盛り上がりもしましたが、結局さいごはあっさり負けました。
そりゃそうだ。

IMG_4896s

スクリーンショット 2016-06-09 18.01.33

SONY DSC

 

そして、知床へ移動。

途中、何度か来たけど、たいしたことなかった記憶の
オシンコシンの滝へ立ち寄る。

いやいや、雪解け水ですごい迫力満点の滝になったました!
季節で違うんですね。侮れません。よかった立ち寄って。。

IMG_4919s

宿泊は知床第一ホテル。
ご一行様のパネルを見つけ喜びの写真。

SONY DSC

オホーツク海へ沈む夕陽を見ながらの露天風呂に
夕食は、ここの名物、マルスコイバイキング。
http://shiretoko-1.com/meal/marusukoi/

旬のもの満載、山菜もタラバ蟹も北海シマエビもあり、
80品以上のメニューバイキングで食べまくりです。

 

翌日、知床観光船「おーろら」でまったりしつつ

IMG_4933sIMG_4970

IMG_4944s

知床五湖の高架木道を散歩して

IMG_5019s

IMG_5012s

IMG_5028

 

網走の道の駅で、毛蟹一杯と飲み放題で2500円の毛蟹まつり開催中
ってことでお昼ご飯はそこにしようと戻ってみましたが、

あまりの人の多さに断念。

オススメのスープカレーやさんへ。
スープカレー、あんまりなじみがないかもしれませんが、
食材とくに野菜を美味しく食べるスープって感じではまります。
辛さを選べます。できれば辛めを選ぶとコクが増して更に
美味しいのであります。

 

IMG_5035

そして最後に網走監獄を無料ツアーでまわってきました。

「偽洋風建築」の庁舎
完全な形で現存していることはとてもまれだそうです。

 

IMG_5037

重要文化財に指定された「五翼放射状平屋舎房」

昭和の脱獄王 白鳥由栄について語るガイドさんの話術に
圧倒され引き込まれる。

 

IMG_5048s

網走から旭川を経て札幌に至までの中央道路を完成させるための
受刑者たちの壮絶な重労働。その開拓の上に、今の我々の便利が
なりたってるんだと車にのるたび思うのであります。

今回も事故なく、無事に私の田舎ツアーまわれました。
参加の皆さまありがとうございました。

そしてまた、私の田舎会員のみなさまの
様々な気ままなプランもお待ちしております(笑)
常呂町で知り合った地元の方を巻き込みつつ
ほんとの親戚よりも気楽な距離感で楽しんで
お迎えしたいと思います。

 

追記:屯田兵ツアーが道新に掲載されてました。

IMG_5065

4 Responses so far.

  1. 飯田裕子 より:

    何度伺ってもその度に、大自然の素晴らしさが目の前に!!
    オホーツクの懐の深さは測り知れません。

    只、4年前の8月の北見はストーブに当たったので、寒さ対策を念頭にしていたら東京より温度の高い30℃超えとは・・・。
    次回はどっちでしょうか!? 両方用意しなきゃあ~いかんかい!!

    • tokoro tokoro より:

      そうですよねー。皆さんが帰ってから峠は雪が降ってましたから。もう予測ができません。

  2. 飯田真作 より:

    屯田兵ツアー参加は3度目でしたが、毎回北見の皆さんに圧倒されます。

    以前、常呂町の食料自給率が1500%と聞いて驚いていたら、今回は3000%に倍増!!
    実は原因は人口が半減!!!

    全てが桁違いの北見に脱帽でした。

    • tokoro tokoro より:

      あいかわらず移動のバス後方座席の盛り上がりが愉快な屯田兵ツアーでした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントに画像を追加する(JPEGのみ対応)